めぐるもの

水族館や動物園で撮った写真をアップしています。 たまにイラストも。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 写真 > 写真 -風景-

Comment (0)  Trackback (0)

今日のお伊勢さん ~其の四~

IMG_6968.jpg
お父さん! 指名手配されてます!

IMG_6970.jpg
まぁ、初めて見る人は白戸家のお父さんと重ねて見ちゃうだろうね

IMG_6971.jpg

IMG_6972.jpg

江戸時代、庶民の間に巻き起こった「おかげ参り」。
月に何百万という規模の人々が、ここ伊勢の地を訪れたと言われています。
 しかし、なかには病気で寝込んでしまい、ご利益を得るためにお参りに行きたくても行けない人もいました。
そんなご主人の代わりに伊勢に参ったと言われているのが「おかげ犬」。
近所でおかげ参りに行くという人に連れていってもらったそうです。
 犬のおかげ参りは、江戸時代後期に流行っていたとされ、首に道中のお金と、伊勢参りをする旨を書いたものをくくりつけて送り出したと言います。
 これが「犬の代参」と呼ばれるものです。
 『御蔭参明和神異記(おかげまいりめいわしんいき)』にも、「おさん」という犬がおかげ参りをしたという記述が残っています。
 道行く人々は、頼まれなくてもリレー方式に連れて行き、そういうことをすること自体も「徳」になるとされていたそうです。
 道中ではそうした犬が来ると餌をやったり泊めてやったりして、その分のお金を少しもらっておくのですが、人によっては「これはえらい犬だ」と言って逆に足してあげたり、自分の神札ももらってきてくれるようにと、代参を頼む人もいたそうです。そうしてお金を足してくれる人の方が多かったため、首につけたお金の袋も重くなってきます。重くて大変だろうということで、それを軽いように一枚の銀に換えてくれる人までいたそうです。
 江戸時代の人たちは、そんな信仰心と温かい心に満ち溢れていたのでしょう。これぞまさしく、我々現代人が忘れかけている古来の「日本人の心」ではないでしょうか。
 まだまだ犬にとっては暮らしにくい昨今。そんな現代の風潮を少し戒める意味も込めると共に、このような心温まるお話を、伊勢を訪れて頂いた土産として持ち帰って頂ければ幸いです。
おかげ横丁 おみやげや謹製
「おかげ犬のこと」より
今の時代、そんな事をしたら、お金を全部ネコババされて、犬は保健所行きですな(^^;
でも、試してみたい気持ちもあります。
スポンサーサイト
テーマ : 史跡・神社・仏閣  ジャンル : 写真

Newer Entry鳥羽水族館でそれは突然現れる、存在しない順路 Older Entry今日のお伊勢さん ~其の三~
Comments






プロフィール
このブログは時々、哲学(メンタル的要素)を含んだ記事を綴ります。
そういう方面が苦手な方はご注意下さい。

∞∞環∞∞

Author:∞∞環∞∞

・HN
『環』と書いて“めぐる”と読ませます。
・誕生日
5月8日
・趣味
芸術一般、写真、ジグソーパズル、イラストロジック
・尊敬する偉人
宮沢賢治

・犬より猫
・動物園より水族館
・図書館より博物館
・科学館よりプラネタリウム
・テーマパークより神社仏閣
・珈琲より紅茶
・和菓子より洋菓子
・お笑いよりマジック(手品)
・カワイイよりキレイ
・多湖輝よりでんじろう
・秋山仁より茂木健一郎


このブログによく出るであろう漫画アニメ、ゲームの作品名リスト
・BLACK JACK
・CITY HUNTER
・タッチ
・王都妖奇譚
・FINAL FANTASYシリーズ
・ポケモン



アップしたイラストや写真などに称賛、
共感を得て頂けましたら、宜しければ
拍手ボタンをクリックして下さい。
今後の励みになります。
その際のコメントは強制ではありませんので(^ ^)

ブログパーツ

バトルブログパーツ: イヌ派vsネコ派

最新トラックバック
メールフォーム
キリ番申告や内密な用件がある時にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。